洋服お直しのご要望はありませんか?

作業服のパンツの傾向について

作業服の中で最も着用されることが多いのはシャツですが、それは上半身で着用されることが多いという意味合いになります。では下半身はというと、当然パンツスタイルが一般的とされていることから作業服でも下半身はパンツが最も着用されることが多いとされています。作業服でのパンツにはいくつかの種類があり、初夏や秋冬などの季節に応じたもの以外にもスタイルによってカーゴやスラックスなど多種多様なものがあります。それぞれにメリットやデメリットもあり、ハードな作業にはストレッチのきいたものが適していたり、危険な作業のものに関しては厚手の素材を利用したものが適しているなど、状況に応じて使い分けることが可能となっています。

ですが、いずれの場合においても基本的な条件としては汚れが目立ちにくく動きやすいという点があります。特に移動することが多い作業に関してはすばやく動けるような素材を用いたパンツが望ましいですし、塗料などを用いる作業の場合は何度洗濯しても型崩れや色落ちしにくいものが望ましいとされています。このようなポイントから作業服のパンツは目立ちにくい地味な色合いのものが多く用意されていますが、その分上半身のシャツやジャンパーなどは明るいカラーのものが増えており、それらを組み合わせることによっておしゃれ感を出すことが可能となっています。ただ、最近では下半身に関してもカラーのバリエーションが増えており、コーディネートを楽しめるようになってきているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です