洋服お直しのご要望はありませんか?

作業服のパンツの種類

作業服は基本的に工場内での業務を想定して作られているスタイルとなっているため、出来る限り肌を露出しないように配慮されています。そのため男性用でも女性用でもパンツスタイルが基本となっており、ハーフパンツなどはないというのが一般的な認識となっています。では、作業服に利用されているパンツはどれも同じようなものなのかと言うと、素材や特性などによっていくつかの種類が存在しています。例えば一般的なものとして利用されているストレートタイプは誰でも利用しやすく、どのような作業や環境でも適応しやすいオーソドックスな種類として好まれています。

このストレートタイプを中心として、最近では多くの種類が販売されている傾向があるようです。実は作業服には春夏・秋冬と季節に応じて種類が分かれているのですが、パンツの種類も春夏・秋冬で分類されています。春夏は通気性がよく薄い素材を用いており、逆に秋冬は厚手の素材で防寒対策がしっかりしているものが人気となっているという傾向があります。そんな傾向を踏まえて、よく利用されているのがカーゴスタイルとスラックスであり、カーゴスタイルは両側にポケットがついているだけではなく携帯電話を収納できるポケットなど、収納機能が多彩ということで機能性を重視する人に人気です。

また、スラックスはポケットがないため機能性としてはカーゴスタイルには負けますが、その分ゆったりとしたデザインで履きやすくなっているところが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です