近頃、注目を集めているサービスがおもちゃのサブスクです。玩具を所有するというのではなく、借りるというサービスです。定額料金を支払うことで、複数点の玩具商品をレンタルでき、自宅まで届けてもらえます。子供の対象年齢は、お店によって異なりますが、0歳から小学校就学前のお子さんが利用できます。

生まれた時から成長に合わせた玩具アイテムを選んで借りることができます。お子さんの成長はとても早いので、遊ぶ道具はどんどん種類が変わります。そんな時に、専門のアドバイザーによる、年齢や好みに合った厳選した玩具を届けてくれるお店もあります。そんな便利なサブスクの利用を検討してみるのも良いでしょう。

おもちゃのサブスクは良い面もありますが、反対に注意しなければいけないマイナス面もあるので、両方をチェックして、本当にこのサービスが自分たちに合うかどうかを検討しましょう。おもちゃのサブスクの良いところは、新しいおもちゃに出会えるため、飽きることが少ない点です。そして、玩具を所有するのではないので、借りることで新しい玩具が増え続けるといったことがありません。反対にデメリットはというと、借りたいと思った玩具が品切れの場合は借りれられない可能性があることです。

また、お店によって一度に借りられるおもちゃの数には限りがあります、だいたい一度に3点から7点ほどは借りられますが、あとになって借りられる数が少ないと感じることもあります。そんなことにならないように、プラン内容を再確認して、借りられ点数は十分かという点を判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です